会社概要

野沢工業株式会社

富山県中新川郡立山町浦田1193

TOPへ>>

竹パウダー|たけ丸ブログ

2011.11 30

豊かな自然に感謝!

本業の用事で港区元赤坂の「明治記念館」に行ってきました。都心のど真ん中でありながら、歴史を感じさせる建築物と美しい庭園がとても印象的なところです。特に緑鮮やかなお庭は何度見ても目を奪われます。
「緑」ってやっぱり人の心をほんわりと癒す力があるんでしょうね。いつも豊かな自然の中で生活できることを感謝しなくちゃいけませんね。

s-meiji.jpg

 

 仕事ついでに有楽町の東京交通会館にある富山県のアンテナショップ、「いきいき富山館」に久々に寄ってきました。こちらは物産館と情報館があり、物産館では富山県のいろいろな特産品、名産品が勢ぞろいしています。
この日は白海老の天むすを実演販売していらっしゃいました。店内を見て回ると、改めて富山県は美味しい海産物、農産物が豊富なんだなと実感します。再度故郷の豊かな自然に感謝です。
こちらの会館には他県のアンテナショップもたくさん入っていますが、いつ来ても断トツで富山館が繁盛しているように見えるのですが・・・富山県人のひいき目でしょうか。
近くにお寄りの際には一度足を運んでみてはどうでしょう? なかなか楽しいですよ。

s-ikiiki.jpg

 
明治記念館           http://www.meijikinenkan.gr.jp/  
いきいき富山館   http://toyamakan.jp/                             

2011.11 24

RAILWAYS[レイルウェイズ]

竹パウダー「たけ丸」の加工場のすぐ隣(本当に近いです)を、富山地方鉄道が走っています。
線路側の壁面には大きな窓がたくさんあるので、作業中にも運航中の電車がよく見えます。
ということは、たくさんの竹を並べて作業している状況も、乗客の方に見られているということになります。何を作っていると思われているんでしょう?

富山地方鉄道といえば、12月3日(土)から全国ロードショーの映画、RAILWAYS[レイルウェイズ]の舞台となっています。ご当地富山では11月19日(土)から先行公開されています。
この富山地方鉄道は、富山県の県庁所在地、富山市の「電鉄富山駅」から、市街地、のどかな田園地帯を抜け、温泉やトロッコ電車で有名な「宇奈月温泉駅」、立山黒部アルペンルートの玄関口「立山駅」までバラエティにとんだ景色が楽しめます。
車輌は主に2種類で、白地に赤いラインの車輌(モハ14760形というそうです、通称だいこん電車)と、黄色×緑の車輌(モハ10030形というそうです、通称かぼちゃ電車)が走っています。
昔から慣れ親しんだこの電車が、映画ではどんなふうに走っているんでしょうね。

たまには久しぶりに電車に乗り込んで、こんどは電車から「たけ丸」の加工場をのぞいて見たいです。

s-yuuhi.jpg

電鉄富山駅に向かう富山地方鉄道の線路。昨日は夕日がキレイでした。

2011.11 23

『やすらぎ竹茶』試飲会!

先日立山町役場で「やすらぎ竹茶」の試飲会を行いました。
もともとは立山町上東地域活性化センター加工施設運営協議会さんの「ゆずみそまんじゅう」の試食会だったんですが、役場担当者さんの「まんじゅうにはやっぱりお茶だろ!」という考えで試飲会も開催してもらいました。

舟橋立山町長はじめたくさんの方がいらっしゃって、まず「ゆずみそまんじゅう」の試食開始。里山の耕作放棄地などで栽培されているユズやマルイモと米粉を使った皮はもちもちした食感で、みそを練り込んだ中のあんは、ほのかな塩味と味噌の香りがしてとてもおいしかったです。
ゆず好きな大人ならもっとゆずの風味を強めに、と思うかもしれませんが、子供たちにも食べやすいようにとの配慮だそうです。よく考えてらっしゃいます。

さて「やすらぎ竹茶」ですが、今回の試飲会で発見したことは、甘いものと竹茶の相性がすごく良かったこと。いつも竹茶は飲んでいますが、そういえば甘いものと一緒に飲んだことなかったなーと。
まさしく「まんじゅうにはやっぱりお茶だろ!」の気分でした。
この「やすらぎ竹茶」、モニターでお配りした方の中には、お風呂に入れて使用したという方もいらっしゃいました。竹の効能?乳酸菌の力?・・・効果はどうなんでしょう? 追跡調査もしてみましょう!

s-shiinkai2.jpg

 s-kitanihon.jpg
「ゆずみそまんじゅう」と「やすらぎ竹茶」

 

2011.11 16

成長分野ビジネスマッチングinとやま

先日ブログでお知らせした、『成長分野ビジネスマッチングinとやま』に出展してきました。
「たけ丸」のPR合間に他社さんのブースも見させていただきましたが、多種多様な製品、システム、サービスが有りとても勉強になりました。
来場された方々からは竹パウダーについていろいろなご意見、ご質問をいただきました。中には竹について非常に詳しい方もいらっしゃって、質問にタジタジになることも・・・。
「たけ丸」についてもっとみなさんとお話ししたかったです。

s-ビジネスマッチング ブース

実は今回、当初出展予定には無かったんですが、乳酸菌発酵竹パウダーを原材料とした竹のお茶を持って行き試飲していただきました。飲料用の竹パウダーを製造するために、お茶用パウダー専用の破砕機で粉砕し、発酵時間を管理して製造しています。
これが非常に好評で、途中からは「たけ丸」よりお茶の説明がメインとなってしまいました。
香ばしく飲みやすいお茶を目指して、日本茶インストラクターさんにアドバイスをいただきながら試行錯誤を繰り返し、ようやく完成したお茶です。
竹は現代でも竹如という名の漢方薬としても利用されているので、薬都富山にふさわしい健康茶として発信したいと思っています。是非お試しを。 

s-buisinessmaching tea

2011.11 10

竹林整備を進めています!

竹は本当に繁殖力の強い植物なので、気が付けばあっという間に里山の林を浸食してしまいます。また、簡単には腐敗しないので、枯れた竹も長い年月そのままの状態で放置され、放置竹林は本当にひどい状態になってしまいます。

s-chikurin up.jpg

私たちが今年から管理を委託された竹林です。うっそうとしていますね~。
もともとは樹木もたくさんあったようですが、今では中に入って行くのも大変な状況です。
本格的な整備は来年の春からですが、とりあえず作業道路を設置するために少しずつ整備を行っています。
古い竹はチッパーで破砕し、切り出した竹は「たけ丸」の原材料として搬出します。

竹林整備は本当に大変な作業ですが、少しずつきれいになっていくのを見るとがんばる元気が出てきます。
この竹林の竹も竹パウダーとして生まれ変わり、こんどは元気な農作物を育ててほしいですね。
来春からは元気なたけのこがいっぱい出てくるように、しっかり整備したいものです。

s-chikurin michi.jpg

 

2011.11 04

竹パウダーの力で黒い柿が・・・!

夏から「たけ丸」を散布していた柿の木が実をつけました。なんと・・・黒い柿です。
竹パウダーの力で今年初めて実りました。
中は黒くありませんが、とても甘くおいしい柿です。カラスも味がわかるのか、結構食べられてしまいましたね。

柿のほかにも桃、無花果、ブルーベリー・・・来年はもっともっとおいしく育つように、竹パウダー「たけ丸」にがんばってもらいます。
s-s-PICT9547.jpgs-s-PICT9553.jpg

1

TOPへ 会社概要 竹パウダーとは? たけ丸の使い方 その他の利用方法 たけ丸ブログ お支払いと送料について ご購入・お問い合せ

Copyright© Nozawa Industry.co.,ltd. All Right Reserved.